土地家屋調査士とは?

土地家屋調査士

測量や不動産の表示に関する登記の専門家のことであり、ご依頼を受けて、土地や建物の所在・形状・利用状況などを調査して、図面の作成や不動産の表示に関する登記の申請手続などを行う国家資格者です。

不動産の表示に関する登記については土地家屋調査士の専門業務となっており、不動産(土地や建物)の登記をするために必要な調査や測量を行っています。

土地家屋調査士の重要な仕事

土地の境界がわからないときは、土地を測量して境界を確定します

土地家屋調査士の重要な仕事の一つは境界をはっきりさせることです。境界を確定させ、境界をはっきりさせることは土地家屋調査士の専門業務です。境界を確定させ、境界標を設置することで、将来的な境界トラブルを防ぐことができるようになります。

その他に

  • 建物を新築したとき
  • 建物を取壊したとき
  • 所有している隣接するいくつかの土地一つにまとめたいとき
  • 相続や贈与、売買のために一つの土地をいくつかに分けたいとき
  • 登記簿に記載してある面積と実際の面積が違うとき
  • 境界の調査や法務局の地図に大きなズレがあったとき

そんなときは、
土地家屋調査士にご相談ください。